お知らせ

ホーム /お知らせ /恵安株式会社 ドライブレコーダー「KDR-E10」を発売

恵安株式会社 ドライブレコーダー「KDR-E10」を発売
2019/7/8

恵安株式会社 ドライブレコーダー「KDR-E10」を発売します。

 

恵安株式会社(東京都豊島区東池袋2-18-7 代表取締役 黄安信)は、2019年7月下旬に、サブカメラ一体型広角ドライブレコーダー「KDR-E10」を発売します。

kdr-e10setkdr-e10-back

製品特徴

対角154°の超広角ガラスレンズ搭載

対角154°の超広角ガラスレンズを搭載することで、広範囲の撮影が可能であると同時にプラスチックレンズに比べ高い耐熱性とクリアな映像を撮影することができます。

SONY製Exmor CMOSセンサーを採用

SONY製Exmor CMOSセンサーを採用。夕方や夜などの低照度条件下でも鮮やかでノイズの少ない映像を撮影することができます。

フルHD(1920x1080)撮影に対応

最大でフルHD画質(1920x1080)での録画に対応し、前方を走る車も鮮明に撮影することができます。

全国LED信号機対策済み

東日本と西日本では商用電源周波数に違いがあり、その影響でLED信号機の点滅とドライブレコーダーの撮影周期が一致することで信号機が点灯していないように映ることがあります。

本製品は、一秒間に撮影するコマ数を適正に設定することで、この問題を解決。全国どこでも安心してご利用いただけます。

Gセンサー内蔵で衝撃感知による自動ファイル保護や駐車監視録画に対応

G(加速度)センサーを搭載し、事故時などの衝撃を感知した際に自動で録画データを保護し上書きを防止します。

また、駐車場などでの駐車中に衝撃を感知すると、自動で録画を開始する駐車監視録画にも対応。走行中や停車中共に決定的瞬間を逃しません。

サブカメラは本体に差し込むだけの簡単一体型タイプ

手間のかかるケーブルの取り回しが不良な本体との一体型タイプのサブカメラを同梱しています。本体に差し込むだけで利用ができ、水平に360°調整ができ、前後左右好きな角度での撮影が可能です。もちろん必要がなければ取り外しも簡単です。

その他充実機能で撮影をサポート

他にもあると便利な機能を多数搭載し、より使いやすく、よりきれいに撮影することができます。

便利な機能の一部をご紹介します。

・白飛びや黒つぶれを軽減する「WDR機能」
・撮影した映像ファイルの撮影ギャップを防ぐ「シームレス録画」
・エンジンを掛けた際に自動で起動して撮影を開始する「自動録画機能」
・きれいな景色の写真も撮影できる「写真撮影モード」


お問い合わせ先
恵安株式会社
メール:info@keian.co.jp
月別アーカイブ
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2016年1月