FAQ

ホーム /サポート /FAQ

電源製品 / デジタルフォトフレーム / Android タブレット / Windows タブレット /
KGUARD / ネットワークカメラ / 自撮り棒

電源製品

起動しない

最小構成で確認

本製品・MB・CPU・メモリ(VGA機能が無いMBの場合はVGA含む)にて最小構成よりの各機器の取り付けにて動作確認をして下さい。

旧製品に搭載していないか確認

製品を搭載して頂く環境が旧い場合には要求電流・電圧の違いが稀に発生し、起動しない症状が発生する事があります。
お使いの環境の要求電流・電圧を満たしているかご確認下さい。

動作しない

付属のACコードで動作確認

製品付属のACコードを使用し、動作確認をして下さい。

電源FANが高回転で回っている

搭載・繋いでる機器を減らす

PCケース内の温度が高くなっていないか、搭載機器の数等により出力がMAXに近くなっていないかご確認頂き、搭載・繋いでる機器を減らして動作をご確認下さい。

デジタルフォトフレーム

電源が起動しない

付属のACアダプタの接続確認

付属のACアダプタと本体の接続を確認の上、再度電源ボタンを押してください。

写真の縦横が正常に表示されない。

パソコンと違い、写真の縦及び横表示の自動判別に対応しておりません。

一度パソコンで画像編集ソフト(WindowsPCであれば 標準インストールのペイント)などを使って、
画像を回転するなど、編集を行い保存したものを再生して頂ければと思います。

映像・音楽が再生されない

ファイル形式、コーデックの確認

ご利用のファイルが該当製品でサポートしているファイル形式、コーデックであるかご確認ください。

SDカード/USBメモリが認識しない

SDカード/USBメモリの容量の確認

ご利用のSDカード/USBメモリのサイズが該当製品でサポートしている容量であるかご確認ください。

画像の再生順がバラバラになる

データコピーの順番の確認

日付やファイルサイズではなく、SDカード/USBメモリにコピーをした順で再生が開始されます。変更する場合はメディアにコピーする順番を再生したい順番で行ってください。

電源の自動オフが機能しない

設定の確認

本体の設定で自動オフの機能をONに設定してください。

電源ON時の起動モードが正常に動かない時がある

メモリーカードにフォルダを作成してしまうとデータの読み込みに失敗し、電源ON時の起動モードが正常に動かない場合があります。
メモリーカードにフォルダを作成せず直接データを保存してください。

リモコンが使えない

電池の確認

リモコンで使用される電池がしっかりと装着されているか、また、電池残量が残っているかをご確認ください。

液晶面にドット抜けがある

ドット抜けに関して

液晶パネルは、精密な技術によって製造しているため、その特性として、液晶パネル内に点灯しない画素(画素欠け:黒点)や、いつも点灯する画素(常時点灯:輝点)が存在する場合がありますが、製品の故障ではありません。

製品型番:KD97J-B / 製品型番:KD10J-Bの内蔵メモリへのデータ移行の手順

手順

① 別売のMiniUSB⇔USBケーブルでデジタルフォトフレームをPCと接続します。
② PCで「ActDisk」と認識されているリムーバブルディスクへアクセスし、任意のデータを移行します。
③ PCの操作に従い、USBケーブルを外します。

以上でデータの移行操作は完了となります。
また、データの削除については、同様にPCと接続し、保存データされているデータをそのまま削除すれば完了となります。PCの詳細な操作方法に関しては、PCの仕様やOSのバージョンにより異なる場合がある為、PCのメーカーやマイクロソフト社へお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

製品型番:KD8JV16G-Sのリモコンの拡大、回転ボタンについて

スライドショーを一時停止した時に利用可能です。リモコンの一時停止ボタンを押してからご利用下さい。

Android タブレット

起動しない

充電状況の確認

タブレットに充分に充電されているかご確認ください。

ロック解除用のパスワード/パターンを忘れた

有償修理になります

有償修理での扱いとなります。サポートセンターへお問い合わせください。

MicroSDカードの取り付け方法/取り外し方法

手順

取り付けにはMicroSDカードはスロットの奥まで押し込むとカチッと音がしてロックされます。
取り外しにはMicroSDカードを押し込むとロックが解除されて取り外せます。
注:指でMicroSDカードを奥へ押し込みづらい場合は、先の細い棒状のものを使うと作業がしやすいです。

充電中の使用について

タブレット充電中のご使用はご遠慮ください。
バッテリー・充電端子に負担が生じ故障の原因となります。

WiMAXモバイルルーターのSSIDが表示されない

WiMAXモバイルルーターの設定を確認してください。

AndroidタブレットのWI-FIはIEEE802.11b/g/nとなり2.4Ghzです。
WiMAXモバイルルーターはIEEE802.11a/ac(5.0Ghz)とIEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)同時対応できないタイプがございます。
IEEE802.11a/ac(5.0Ghz)とIEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)モード切換する必要がございます。
WiMAXモバイルルーターがIEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)モードになっているかご確認下さい。

注:タブレットの問題や設定ではなく、WiMAXモバイルルーターの設定やセキュリティが原因の場合がございます。WiMAXモバイルルーターの設定に関しましてはWiMAX様にご確認頂きますようお願い致します。

Windows タブレット

起動しない

充電状況の確認

タブレットに充分に充電されているかご確認ください。

ログイン用のパスワードを忘れた

Microsoft社のHPにアクセスしてください

インターネットがご利用できる環境より、「https://account.live.com/password/reset」にアクセスし、パスワードをリセットしてください

MicroSDカードの取り付け方法/取り外し方法

手順

取り付けにはMicroSDカードはスロットの奥まで押し込むとカチッと音がしてロックされます。
取り外しにはMicroSDカードを押し込むとロックが解除されて取り外せます。
注:指でMicroSDカードを奥へ押し込みづらい場合は、先の細い棒状のものを使うと作業がしやすいです。

キーボード・マウスなどBluetooth機器の接続(ペアリング)が切断される

手順

① デバイスマネージャーを起動させます。


② 「Bluetooth無線」のプロパティを起動させます。


③ 「電源の管理」タブ内の『電源節約のために、コンピューターでこのデバイスを電源をオフできるようにする』のチェックを外し、「OK」ボタンをクリックします。


④ デバイスマネージャーを閉じ、Windowsを再起動後、Bluetooth機器との接続を再度お試しください。

充電中の使用について

タブレット充電中のご使用はご遠慮ください。
バッテリー・充電端子に負担が生じ故障の原因となります。

USB2.0のハードディスクやDVDドライブが使用できない(インターフェイス:USB2.0搭載製品)

本体側のMicroUSBポート、キーボード側のUSBポートについては、一部製品ではUSBバスパワー駆動は電力供給不足となる場合があり、製品の仕様であり異常ではございません。
USB接続のハードディスクやDVDドライブなど、別途専用のACアダプター等で電源供給が必要な製品がございます。
※詳しくはUSBハードディスクメーカー・DVDドライブメーカーへご確認下さい。

KGUARD

管理者パスワードを忘れた

サポートセンター連絡

サポートセンターへお問い合わせください。

リモコン/マウスでメニューが呼び出せない

リモコン操作の確認

リモコンの0ボタンを長押しし、出力設定をリセットしてください。その後、本体の出力設定で開始デバイスの設定を変更してください

外部ネットワークからアクセスできない

ルーターの確認

ルーターのポート解放の設定をしてください。
IE及びスマートフォンでグローバルIPアドレスを指定し接続してください。
DDNSを設定し、DDNSをご利用ください。

インターネットエクスプローラでアクセスしてもログイン画面が出てこない

IEの設定変更

インターネットエクスプローラの互換表示の設定にKGUARDのアドレスを追加してください。

録画されない/画面上にHマーク出ている

HDDの確認

HDDの容量をご確認ください。

設置方法や設定方法で困った時、問い合わせ可能は窓口はありますか?

E-メールでのサポートの他に、専用の電話窓口を設けておりますので、そちらにてサポート可能です。

全画面になっていた画面が4分割に戻ってしまう

常時全画面表示に設定する方法

01

02 03

04

本体のリブート機能はどのような時に使用しますか?

本製品は常時起動している状態で使用しますが、システムのリフレッシュを定期的に行うため、初期設定では週に1度リブートするように設定されております。
尚、リブートに要す時間は約1分で、その間は録画されないため、録画に支障の出ない時間リブートを行う時間に設定することをお勧めします。

映像を外部で見るにはどうすればよいか?

スマホやタブレットで見る場合

アプリケーションをダウンロードして、レコーダー本体についている読み取れば、すぐに視聴を開始できます。

パソコンで見る場合

DDNSのアカウント設定が必要です。

映像を外部で見るための注意事項はありますか?

レコーダーをインターネット接続すること。インターネット回線に関しては、光回線に限らず、ADSLでも問題ありません。
KGUARD製品は無料で利用できるDDNSサービスを提供しています。サービス登録にはインターネットアクセス可能なパソコンが必要です。

KGUARD DDNS設定(アカウント登録)

1. http://kguard.org/ページを開いてユーザー登録を完了します。EメールアドレスとパスワードはDVR設定にも使います。以下の各項目を記入し、「Submit」送信ボタンをクリックします。
d1
2. サブドメインを設定します。
d3
3. 以下の画面になれば設定完了です。
d2

KGUARD DDNS設定(本体設定)

1. 設定した項目をレコーダー本体に登録します。


db4
2. DDNSのタブを選択します。
db6
3. 各項目を入力して、適用をクリックします。
db5

正しく入力できている場合、「DDNSテスト」のボタンが現れますので、クリックしてテストを行ってください。
以上で本体の設定が完了します。

ネットワークカメラ

VSTARCAMのネットワークカメラの仕組みについて教えてください。

P2P(Peer to Peer)方式を採用しております。
カメラで録画されたデータは、サーバー等を経由することなく、直接スマートフォンやPCに送られます。

UID、パスワードやカメラの状態に関してはサーバーを経由してやり取りを行いますが、カメラで撮影されているデータは、サーバーを経由しておりませんので、撮影された個人情報等がサーバーに送られているという心配はございません。 ただし、限定的に「リレーモード」で接続する事があります

リレーモードとは何ですか?

通常はP2Pでデータのやり取りを行っておりますが、P2Pモードで接続ができなかった場合に、サーバーを経由して、撮影したデータのやり取りを行います。それを「リレーモード」と呼びます。
ただし、サーバーの負荷を軽減させるために、リレーモードでの接続は180秒間のみとなります。アプリの右上にカウントダウンが表示され、ゼロになると接続が切断されます。
リレーモードとなってしまい、接続をやり直しても、毎回リレーモードとなってしまう場合は、カメラ本体のリセットをお試しください。

モバイルルーター(WiMAX等)を使用して、無線接続は可能ですか?

初期設定の際に、有線LANでの接続が必要です。初期設定を有線LAN接続可能なルーターで行っていただいた後に、無線LAN接続で、モバイルルーターのSSIDを選択していただければ使用可能です。

ズーム(拡大)機能はありますか

iOS 版アプリ、PC用ソフトに関しては、デジタルズームに対応しております。Android 版アプリに関しては、ズーム機能がございません。

上下逆表示(フリップ)に対応していますか

アプリ、PC用ソフト共に対応しています。

PC用ソフトのフリップ設定方法 表示されている映像上で右クリック→「カメラオプション」→「フリップ画像」にチェック

MAC用のソフトはありますか

申し訳ございません、Windows用のみとなります。

動作検知機能はありますか

アプリ、PC用ソフトのアラーム設定で設定可能です。

テザリングに対応していますか

テザリングでの接続につきましてはサポート対象外となります。ご了承をお願い致します。

外出先のPCより接続ができない。

PCでの接続は同一のルーター内のみ対応しております。
外出先からはスマートフォン、タブレットからご確認をお願い致します。

マイクとスピーカーを同時に使用する事ができますか(C7823WIPのみ)

同時に使用する事はできません。

自撮り棒

Android端末でシャッターが切れない/シャッターボタンを押すとズームになる

サポートセンター連絡

自撮り棒の製品仕様上シャッター機能を音量操作に割り当てています。
Android機種によってはカメラアプリの設定で音量ボタンをシャッターとして使うオプションがあり、有効にして頂ければと思います。
音量ボタンをシャッターとして使えない機種の場合はGooglePlayより音量ボタンでシャッターが切れるアプリが数種類公開されていますのでダウンロードしご利用頂ければと思います。